「カリスマ経営者も一機関」 セブン&アイ人事決着 冨山和彦氏に聞く 鈴木氏、辞める必要なし 2016/04/25 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の法務面にある「「カリスマ経営者も一機関」 セブン&アイ人事決着 冨山和彦氏に聞く 鈴木氏、辞める必要なし」です。





 セブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文会長が自身が提案した幹部人事案を拒まれ、退任した。待ったをかけたのは社外取締役が半数を占める指名報酬委員会だ。オムロンの社外取締役として同社社長人事の決定にかかわる冨山和彦・経営共創基盤最高経営責任者に企業統治の観点から、今回の事態の評価を聞いた。

 ――鈴木氏の人事案が拒まれました。

 「鈴木氏が卓越した経営者であることは間違いないが、オーナーではない。どんなカリスマであっても、公器である上場会社の最高経営責任者(CEO)は業務執行を担う『機関』だ。執行機関であるCEOが、専権事項のように後継者を選ぶことは許されない」

 「だから鈴木氏側が出した人事を(監督機関である)取締役会が拒んだことは、企業統治が機能したと高く評価できる。それを担った社外取締役の方々は素晴らしい。今回の事案は、日本の企業統治史上に残る快挙だ」

 ――鈴木氏の退任で経営が混乱しませんか。

 「そもそも鈴木氏は人事案が通らなかったことで辞める必要はない。欧米の上場企業ではCEOの意見が取締役会に却下されることは珍しくない。M&A(合併・買収)だって止まることがある。国会に例えれば1本の法案が通らなかっただけのこと。そのたびに提案した大臣や首相が辞任するだろうか」

 「もっと言うと、今回の事態で経済界やメディアが驚いたり、大騒ぎしたりするのは、日本の企業統治が『前時代的な段階』を脱却していない証拠だと思う。もうひとつの教訓は、企業の取締役会は次期社長の選任に、常に最重要課題として取り組んでいなければならないということだ」

 ――冨山さんはオムロンの社長指名委員会の委員長を務めています。

 「同社は監査役設置会社で、社長指名委は取締役会の諮問機関だ。2011年に就任した山田義仁・現社長を選任した実績がある。社長に万一の事故があった場合の臨時の社長候補、そして将来の通常の社長交代に向けた人選も進めている」

 ――人選はどんなプロセスなのですか。

 「およそ10年のプログラムを考えている。最初は世界中から30人くらいの候補者を選び、その人たちには意図的に高いハードルを課している。評価の結果、毎年、候補者を入れ替えて現在は20人くらいに絞り込んだ」

 「社長交代時期が近づいたら候補者を3人に絞り込み、交代直前に1人を選ぶイメージだ。その時点で会社が直面している経営環境や戦略が大きな要素になる。これだけの労力をかけて現経営陣と取り組んでおり、オムロンで社長人事の混乱は考えられない」(聞き手は編集委員 渋谷高弘)

 とやま・かずひこ 1985年東大法卒、ボストンコンサルティンググループなどを経て2003年産業再生機構業務執行最高責任者。07年から現職。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です