「無印」ホテル国内初出店 19年開業の銀座旗艦店に併設 2017/7/5 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の企業面にある「「無印」ホテル国内初出店 19年開業の銀座旗艦店に併設」です。





 衣料雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は5日、東京・銀座に世界最大の旗艦店を2019年春に開業すると発表した。日本有数の商業地である銀座で外国人やビジネスパーソンにも無印ブランドを発信し、客層の拡大につなげる。国内初となる無印ブランドのホテルも併設する。

 新たな旗艦店は東京メトロ銀座駅から徒歩2分ほどの並木通り沿いに開業する。読売新聞東京本社と三井不動産が開発する地上10階建てのビルに入居し、地下1階~地上6階を無印良品、6~10階を「MUJI HOTEL」(仮称)とする。

 無印良品の店舗面積は3300平方メートル超と、近くにある世界最大の有楽町店(東京・千代田)を上回る規模になる。自社競合を避けるため、有楽町店は契約更新に合わせて閉店するという。

 ホテルの運営は小田急電鉄子会社のUDS(東京・渋谷)が担う。良品計画は内装デザインの監修のほか、自社商品のベッドやシーツ、歯ブラシなどを提供。価格や部屋数は今後詰める。海外では年内にも中国・北京や深?でMUJI HOTELが開業する予定だ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です