こころの健康学 問題縦に並べ 一番前に集中 2017/9/4 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞のこころ面にある「こころの健康学 問題縦に並べ 一番前に集中」です。





 来週は自殺予防週間だが、自殺対策の講演会で何度かご一緒した気象キャスターでエッセイストの倉嶋厚さんが8月に亡くなった。93歳だった。倉嶋さんは妻を亡くした後に深刻なうつ病になり、自ら命を絶とうとしたこともあったという。そのときの苦しい体験をもとに書いた著書『やまない雨はない』がベストセラーになり、精力的に講演もこなしていた。

イラスト・大塚いちお

 倉嶋さんの著作や講演は、体験の裏づけがあるのでとても説得力があり、聴衆に力を与えるものだった。なかでも、悩んでいるときには問題を縦に並べるという助言はわかりやすく、すぐにでも実践できるので、私の講演でも紹介することが多い。

 倉嶋さんは子どもの頃、あれこれ考えて悩むことが多かったらしい。それを見ていた父親が、問題を縦に並べて取り組むとよいとアドバイスしたという。

 悩んでいるときは一般に、複数の困りごとを抱えていることが多い。その複数の問題を横に並べてあれこれ考えている。しかし、それではひとつの問題に集中できない。こころの力が分散して効率的に問題に取り組むことができなくなるからだ。そうすると焦る気持ちが強くなって集中力が落ち、ますます問題に取り組む力が失われていく。

 そのようなときには、問題を縦に並べて、一番前の問題から取り組むとよいという。そうすればそのひとつの問題に力を集中できて、問題を解決できる可能性が高くなる。それが自信を生み、次の問題に取り組むことができるようになる。じつに実践的な教えで、私自身も生活のなかで悩んだときに使わせてもらっている。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です