アマゾン流メモの効用 2018/05/14 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の「アマゾン流メモの効用」です。





米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏と英国のチャーチル元首相には共通点がほとんどない。だが、片や時価総額7700億ドル(約84兆円)の企業の最高経営責任者(CEO)、片や英国がナチス・ドイツに占領されるのを防いだ人物なので、2人の助言には耳を傾ける価値がある。彼らは優れたメモの重要性について意見が一致しているようだ。

ベゾス氏は最近、株主への手紙の中で役員会議の慣行を自賛した。会議の初めに出席者全員が議題を説明した最長6ページのメモを読むという。パワーポイントによる発表を聞くのでもなく、すぐ討論に入るのでもなく、メンバーの一人が作った資料を最大30分かけて一言も発せず熟読する。

(画像:アマゾンCEOのベゾス氏はデータや図表よりメモを信奉する=ロイター)

「恐らくこれほど奇妙な会議文化はないだろう」とベゾス氏も認めている。出席者は自身の提案を徹底的に磨き、皆が理解できるような語りの形式にしなければならない。それを読めば全員が十分な知識を持つので、わかったふりをして話さなくなるわけだ。

チャーチルが生きていたら、ベゾス氏の方針を評価しただろう。ロンドン大空襲の約1カ月前の1940年8月9日、チャーチルは政府職員にメモに関する指令をメモ形式にして出した。そこには「我々は職務遂行上、大量の文書を読まねばならない。その大半はあまりに長い」「真に重要なことを簡潔に説明する訓練をすれば、考えが明確になるはずだ」とある。

一般的に、ほとんどの大企業は会議が多すぎるし、その多くは無秩序で冗長だ。議題についてよく知らず、あるいは知らなくても平気でとうとうと話す人もいる。

トランプ氏への政策メモは1ページ以内

ベゾス氏は経営効率の研究家だ。会議を始めるにあたり、全員が基本知識を頭に入れておけば、十分な情報に基づき民主的な議論が交わされると理解している。意外なのは、同氏がデータや図表よりメモを好むことだ。中にはドラマ仕立てのようなメモもある。新商品の提案ならプレスリリースの形で、利用者にわかりやすいQ&A集が付けられていたりする。

ジャーナリストから政治家に転身したチャーチルも、政策決定を左右する説得力のあるメモの信奉者だった。「たとえ砕けた言い方でも、短くて言いたいことがよくわかる表現は恐れず使おう」。チャーチルは官僚らに呼びかけた。

もっとも、簡潔さを求めすぎるのも問題かもしれない。米国家安全保障会議(NSC)のスタッフは、政策メモを1ページ以内に収めるよう指示されたという。トランプ大統領があまり長い文章を読みたがらないからだ。それどころか、ある高官が米誌に語ったところによると、トランプ氏は「『これはペンです』のような単純な文章で2、3点にまとめたもの」を好み、写真の添付も望んでいる。

明快な語り口のメモを作るのは、スライドに文章をちりばめるよりはるかに骨が折れる。一旦止まって議論の筋道を考え抜いた後、相手の心を動かすような形にする必要があるからだ。チャーチルなら即座にできても、凡人は集中しなければできない。

チャーチルはロンドン大空襲の1カ月前、中部バーミンガムが爆撃を受けた日に、メモの書き方を説くため時間を割いた。ベゾス氏は役員らに十分な情報を与える重要性を認識し、アマゾンを成功に導いている。彼らの助言は傾聴に値するはずだ。

By John Gapper

(2018年5月10日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2018. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

(c) The Financial Times Limited 2018. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です