中国主席、保護主義を批判 ダボス会議で演説 2017/1/18 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の第一面にある「中国主席、保護主義を批判 ダボス会議で演説 」です。

開放政策をとる国に製品を送り込むことで自国の経済を発展させた中国は、大国が鎖国路線に転じようとする中で、どの国の需要をつなぎとめようとするのか、注目していきましょう。





 【ダボス(スイス東部)=原克彦】中国の習近平国家主席は17日、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説し、世界各国が「開かれた経済を推進する必要がある」と呼びかけた。さらに「保護主義にはノーと断言すべきだ」と語った。中国からの輸入品に高い関税を課すなどと繰り返すトランプ次期米大統領の姿勢をけん制した。

 中国の国家主席がダボス会議に参加するのは初めて。習氏は米大統領就任式を20日に控え、中国が自由貿易に取り組む姿勢を強調し、米次期政権に保護主義的な政策をとらせないようにする狙いがある。

 習主席は中国の政策について「門戸を開き続け、閉じることはない」と強調。アジアでの自由貿易協定(FTA)締結などを強化する意向を示しつつ「細分化された排他的なグループ化を避けていきたい」と米国によるブロック経済の形成もけん制した。「人民元を切り下げることで通貨競争を起こすような策はとらない」とも明言した。

 中国経済の現状については「下押し圧力を受け困難に直面している」と認めた。過剰な生産能力と金融リスクに言及し「改革を推し進め、リスクを回避していきたい」とした。改革により「バリューチェーン(生産ピラミッド)の中で上に移行したい」との意欲も見せた。

 ダボス会議には世界各国の政府要人や多国籍企業の経営者らが集う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です