中外時評 「反腐敗」で米中が神経戦 司法が摩擦の焦点に 論説副委員長 飯野克彦 2015/06/07 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の日曜に考える面にある「中外時評 「反腐敗」で米中が神経戦 司法が摩擦の焦点に 論説副委員長 飯野克彦」です。

中国の司法が抱える体制に結び付く問題点について詳しく論述された記事です。政治体制に司法を組み込んでしまうことがどのように問題なのかを詳しく解説しています。





 「難しいですよ、自分で自分を監督するというのは」。中国共産党の王岐山・中央規律検査委員会書記はそう慨嘆したそうだ。4月23日、共産党政権の中枢ともいうべき北京・中南海で。

 王書記といえば、反腐敗運動を陣頭指揮する実力者。公式の党内での序列は6位にとどまるが、実質的には習近平国家主席に次ぐナンバー2、とも目されている。3年前まで最高指導部の一角を占めていた周永康・前共産党政治局常務委員を摘発するなど、実績は目覚ましい。

 そんな人物が嘆いてみせたのは、ほかでもない、自分の仕事の難しさだ。「自分で自分を監督する」とは、共産党のなかに根をはる不正を共産党自身の手で正すことを指している。つまり、規律検査委の職責だ。

 王書記の嘆き節を聞かされたのは3人の外国人だった。そのうちの一人である米国の政治学者、フランシス・フクヤマ氏が問いかけた。「法の支配」や「司法の独立」を中国で実行できないのか、と。答えは「できない」だった。「司法は必ず(共産)党の指導の下になければならない」とも、王書記は語った。

 習近平政権は司法改革を最重要課題の1つにかかげているが、あくまで一党独裁の枠内での改革にとどまることを改めて確認したといえる。だからこそ、どんなに難しくても反腐敗という仕事を進めなければならない。そんな決意を示したようでもある。

 反腐敗運動であれ司法改革であれ、中国の内側の問題にみえるかもしれない。だが、中国当局は海外に逃亡している腐敗官僚にも手を伸ばしつつあり、国際的な広がりを見せている。結果として、米国との間では神経戦と呼びたくなる事態を招いている。

 この春、王書記が訪米するとの観測が浮上した。国外に逃れた腐敗官僚がもっとも多く潜伏しているのが米国とみられるため、拘束や引き渡しへの協力をじかに求める考えだ、といった解説が飛び交った。習主席の訪米が予定される9月までに実現するのでは、との見方も広がった。

 ところが、正式発表のないままに訪米機運は急速にしぼんでいる。一因は、米証券取引委員会(SEC)が進めている調査だ。中国の国有企業の米証券市場への上場などをめぐって便宜をはかってもらうため、一部の米金融機関が中国の高官の子弟を雇った疑いがあるのだという。

 この調査そのものは遅くとも2013年には始まっていたが、先月末になって王書記の名前が飛び出した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなどによれば、金融大手のJPモルガン・チェースに対し、王書記や高虎城商務相を含む中国の高官35人との会話記録などを提出するよう、SECは命じたという。

 共産党の官僚たちは指導者のメンツを重んじる。当分の間、王氏の訪米が難しくなったのは否定できない。そのため「米中間で緊張が高まる可能性がある」との報道も少なくない。南シナ海をめぐる対立をはじめ米中間できしみが目立つことから「オバマ政権は厳しい対中姿勢に転じたのではないか」といった声も、聞こえてくる。

 SECの動きにオバマ政権の対中姿勢の転換を読み取るのは、深読みが過ぎよう。むしろ、米国にはもともと、王書記をもろ手を挙げて歓迎するわけにはいかない事情がある、とみるべきだ。

 たとえば、中国の司法制度に対する不信。司法が独立しておらず、不正や拷問も珍しくない、といった見方が米国ではかなり浸透している。そんな国から「犯罪者」とみなす人の拘束・引き渡しを求められても、応じにくい。

 反腐敗運動に権力闘争の側面があるのも懸念材料だ。特定の政治勢力に肩入れしているようにみえかねない。王書記は政府の肩書を持たないため、協力要請を受けても正規の司法手続きのなかに位置づけるのは容易ではない。

 「法の支配」や「デュー・プロセス」(適正な手続き)を大切にする米国と、共産党が司法を指導する中国。資本主義か社会主義かを争った冷戦と違い、司法のあり方が世界の二大国の摩擦の焦点になってきたようにみえる。

 日本の司法のあり方も、いずれ問われることになるかもしれない。米国が「押しつけた」ともいわれる憲法は司法の独立を定めているが、政治家の名誉毀損に対する高額賠償を認める判決や、1票の格差判決が示すように、日本の司法は政治に優しい。興味深いことに、王書記が4月に会ったのは日系のフクヤマ氏のほか2人の日本人だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です