北朝鮮現体制は安定 追加経済制裁、効果なし シンガポー ル元外務次官ビラハリ・カウシカン氏 2017/5/1 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の国際面にある「北朝鮮現体制は安定 追加経済制裁、効果なし シンガポール元外務次官ビラハリ・カウシカン氏」です。





 ――核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮を止める方法はありますか。

 「戦争でも起こさない限り、北朝鮮の核・ミサイル開発を止めることはできないだろう。だが、日本や韓国は現在の北朝鮮の能力でも射程に入っており、戦争のリスクは大きすぎる。追加の経済制裁も効果がないだろう」

 ――米中による圧力も効果がありませんか。

 「米国によるシリア攻撃は北朝鮮への警告にもなったが、北朝鮮の政策を転換させるまでには至っていない。中国も北朝鮮を止めることはできない。共産党体制の保持が最も重要な中国にとって、似たような体制を取る北朝鮮を不安定にするのは自国民の不安をかき立てることになるからだ。遅かれ早かれ、北朝鮮は米国を射程範囲とする弾道ミサイルや核兵器を持つようになる」

 ――では、どう対応していくべきでしょう。

 「2つの選択肢がある。1つは金正恩体制を保証する代わりに、核・ミサイル開発を凍結させる非核化だ。ただ、北朝鮮が合意可能な内容を日米韓が受け入れるのは政治的に難しいだろう」

 「もう1つは核による抑止力だ。北朝鮮は金正恩体制の崩壊を恐れており、核の抑止力は機能しうる。しかし、北朝鮮が米国西海岸を射程範囲とする核ミサイルを持つようになった場合、米国が自国民を犠牲にするリスクを払ってまで日本を救うかという問題が出てくる。その場合、日本は自ら核兵器を保持することを真剣に検討しなければならなくなる」

 ――日本も核兵器を持つかどうかの決断を迫られる時がいずれ来ると。

 「脅威は北朝鮮だけではない。中国が核・ミサイル能力をさらに増強すれば、日本はいつまで米国の『核の傘』にいられるのかという問題になる」

 ――核保有への世論の抵抗は依然強いです。

 「歴代政権は決断をできる限り避けてきたが、東アジアの地政学は劇的に変化している。日本は既に核兵器を作る能力を十分持っていると思う。あとは政治的な決断だ」

 ――その前に金正恩体制が自壊する可能性は。

 「北朝鮮が自壊するといった予測はこれまで何度も聞いてきたが、私の印象では北朝鮮の体制はある意味機能的で、不安定とはいえない。希望的観測は避けた方がよい」

 ――金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害され、東南アジア各国は北朝鮮とのスタンスを問い直されることになりました。

 「自国民9人が北朝鮮内に留め置かれた状況下で、マレーシア政府が金正男氏の遺体を北朝鮮に引き渡したのはやむを得なかった。ただ、今後各国は北朝鮮との関係に慎重にならざるをえない。シンガポールも北朝鮮との間に入国ビザ(査証)の免除制度があったが、1年以上前にやめた」

 ――トランプ政権の安全保障政策をどう見ていますか。

 「発足から約100日で評価するのは早いが、マティス国防長官やマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)など主流の経験豊富な専門家がそろっている。リスクはむしろ経済分野だ。経済ナショナリストと呼ばれる人々とゴールドマン・サックス出身者の権力闘争が続いており、最終的にどちらの方向に行くのかまだ読めない」

(聞き手はシンガポール

=中野貴司)

=随時掲載

シンガポールの駐ロシア大使、国連大使などを経て2013年まで外務次官を務めた。外務省時代に北朝鮮を訪問した経験も。62歳。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です