南シナ海巡り「中国は孤立」米中応酬 アジア安全保障会議 2016/06/05 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の国際面にある「南シナ海巡り「中国は孤立」米中応酬 アジア安全保障会議」です。





 【シンガポール=吉田渉】カーター米国防長官は4日、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で講演し、南シナ海の軍事拠点化を強行する中国に「国際社会で孤立する」と警告した。領有権を巡って仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が下す裁定を尊重するよう圧力を掛けた。中国の孫建国副参謀長は「孤立」を即座に否定し、参加国との2国間会談を重ねて中国支持を訴えた。

 「結果的に自らの孤立を招く『万里の長城』を築くことになる」。カーター氏は同日の講演で、中国の姿勢は国際社会の理解を得られないとの考えを強調した。質疑応答では「中国の脅威を感じる多くの国が、米国とより強い連携を望んでいる」とも話した。対中警戒の広がりを示し、中国の主張の異質さを際立たせる狙いだ。

 孫副参謀長はカーター氏の講演後に記者団の質問に答え「中国は孤立していない」と反論した。孫氏は会議の合間にロシアや東南アジア諸国連合(ASEAN)各国など10カ国以上と2国間会談を続け、中国の主張への理解を求めた。会談の会場近くには南シナ海を巡る中国の立場を記した小冊子を並べ、参加者に閲覧を促した。

 「中国の孤立」を巡って米中が火花を散らす背景には、中国の領有権を巡る仲裁裁判所の裁定が近く出るとの見通しがある。中国による領有権に関する主張を「国際法違反」とするフィリピンが申し出た手続きで、中国に不利な裁定が下る可能性が指摘されている。

 カーター氏の「孤立」発言の目的は、裁定を無視する構えを崩さない中国のけん制だ。中国はラオスやカンボジアなど中国に近い国への働きかけを強め、裁定自体が無効との国際世論づくりをもくろむ。カーター氏の発言は仲裁手続きの正当性を支持し、中国が進める「多数派工作」を封じ込める狙いだ。だからこそ中国は敏感に反応した。

 今回のアジア安全保障会議は「仲裁裁定前に主張を各国に伝える最後の機会だ」(軍事関係者)とみなされている。中国は周辺国の懐柔と並行して脅しも強める。ASEANは仲裁裁定後に共同声明を発表する調整を進めているが、中国外交当局者は「一線を越えるな。危険を招く」と各国に警告を繰り返しているという。圧倒的な力でASEANの分断をはかる戦略だ。

 ただ一方的な中国の攻勢は、ASEAN域内の中立国の対中不信を強める逆効果も生んだ。シンガポールの外交官は安保会議を前に異例の対中批判を公言した。カーター氏の発言は米中の間で揺れるASEANの世論を米国に引き付ける狙いもあるといえそうだ。

 孫副参謀長は5日午前の会議で講演する。ASEANを挟んで米中が激しいつばぜり合いを続けるなか、孫氏の発言は米国の主張と平行線をたどる可能性が高い。米中国防当局者の対峙を経て、対立がさらに深まる恐れもある。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です