日中、アジアで影響力拡大競う 日本、通貨協定呼びかけ中国は「一帯一 路」テコに 2017/5/7 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の総合面にある「日中、アジアで影響力拡大競う 日本、通貨協定呼びかけ中国は「一帯一路」テコに」です。





 日本と中国がアジアでの影響力拡大へさや当てを演じている。両国は6日に開いた日中財務対話で金融協力の推進で一致したが、アジア開発銀行(ADB)年次総会を舞台に各国への働きかけも強化。2国間関係より域内での主導権争いに腐心する姿が色濃くにじむ。(1面参照)

日中財務対話であいさつする麻生財務相(6日、横浜市)

日中財務対話であいさつする中国の肖財政相

 「今年は日中国交正常化45周年という重要な年でもある」。麻生太郎財務相は財務対話の冒頭で、良好な日中関係が重要との考えを強調。肖捷財政相も「実務的な成果を目指す」と応じた。金融協力に関わる日銀と中国人民銀行の初参加は成果の一つだ。

 焦点は通貨協定の再開。日銀と人民銀が必要に応じ円と人民元を交換する仕組みで、事務レベルの作業は終えた。だが締結には至っておらず、麻生氏も政治決断が必要との認識を示す。

 日本は人民元建て株式への投資など、中国経済への浸透という点で欧米各国に遅れる。今回は経済構造改革の必要性やマクロ経済政策での協調で一致したが、具体的な成果は出せず。中国共産党は秋に重要人事を控え、今年のこれ以上の関係深化は望み薄だ。

 一方で日中双方のアジアへのアピールは活発だ。肖氏は6日、ADB総会での演説で「(中国主導の経済圏構想である)一帯一路への支持を求める」とし、14日に開く一帯一路の国際会議へ結集を促した。日本は閣僚の派遣を見送る方向だが、中国は求心力を高めるのに余念がない。

 日本も金融協力を通じて影響力を誇示。東南アジア諸国連合(ASEAN)に金融危機の際に円を融通する通貨協定締結を呼びかけ、人民元を使った通貨協定を増やす中国をけん制する。タイ中央銀行のウィーラタイ総裁は6日、日本経済新聞に「(日本案の)資金供給についての安全網強化は歓迎したい」とした。

 日中はアジアのインフラ需要を狙う。鉄道や空港などの建設は新興国にわかりやすい支援で、その国への影響力に直結する。50年にわたりアジアの成長を支えるADBだが、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)がライバルとして浮上。存在感に陰りもみられる。ADB加盟国からはAIIBとの協調を求める声が出た。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です