日本の安定、おごりは禁物 財政や雇用試練これから 論説副 委員長 実哲也 2017/2/26 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の日曜に考える面にある「日本の安定、おごりは禁物 財政や雇用試練これから 論説副委員長 実哲也」です。





 何でこんな人を大統領にしたのか――。

 唐突に7カ国からの入国制限を命じた大統領令。メディアから裁判官まで気に入らない者に容赦なく放たれるツイート砲。あげくは存在しない海外のテロまで持ち出して謝らない厚顔無恥さ。お茶の間のテレビは「きょうのトランプ」を面白おかしく伝える。

 民主主義のお手本だったはずの米国がなぜ。失望、驚きに軽侮も入り交じった反応が日本を覆う。マッカーサーはかつて日本人の文明度を12歳と評したが、「どちらが12歳なのか」(経済官庁幹部)という声まで聞こえてくる。

 混乱は米国だけではない。欧州でも反移民などを掲げる異端政党が台頭。今年実施するフランスの大統領選やドイツ、オランダの総選挙では台風の目になる可能性がある。

 こうしたなかで、内外の投資家の間では日本の政治・社会の安定度を再評価する見方が高まっているという。

 国の信用リスクの大きさを示す国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の保証料率は最近、約7年半ぶりに日本が米国を下回った。日本の保証料率が低下する一方、政権が漂流する米国はやや上昇しているためだ。

 極右政党「国民戦線」のルペン党首が4~5月の大統領選候補として支持を伸ばすフランスは、この数字が1月以降、跳ね上がっている。

 日本経済は2008年の米欧発金融危機の波をもろにかぶった。当初は「蜂に刺された程度」(閣僚)との見方もあったが、経済の悪化は先進国で最大級だった。だが、米欧で広がる政治混乱の影響は今のところ蚊に刺されたほども受けていない。

 それ自体は喜ぶべきことだろう。いったん既存の政治への不信が広がれば収拾は難しく、大衆扇動的な政治家の台頭を招きやすくなるからだ。

 とはいえ、だから日本のやり方は優れていると自己満足に陥るのも禁物だ。

 BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「日本の足元の政治的な安定性は将来世代を犠牲にする形で保たれている」と指摘する。

 先進国でも突出して高齢化や人口減少が進みつつある日本。財政は、国内総生産(GDP)比で見た債務残高、赤字ともに先進国では最悪レベルだ。本来ならば、膨らむ社会保障の給付や負担について厳しい選択を国民に求めなければいけないところだが、問題を先送りしている。

 そのツケは若者世代に回る。「若い層の先行き不安は高まっており、世代間の分断はすでに起き始めている」と語るのは元衆院議員の亀井善太郎・東京財団研究員。将来世代の視点で改革を促すため、財政や社会保障の先行きを推計する独立機関の国会設置などを提言しているが、政治の反応はなお鈍い。

 米欧の政治混乱の火種になった移民・難民問題。日本政府は「いわゆる移民政策は考えていない」とし、日本は外国人が少ないから安定しているとの見方も少なくない。

 だが、実際には外国人の雇用は100万人を超えるところまで増え、こうした人々なしには経済や社会は回らなくなっているのが現実だ。

 その多くは、日本の国際協力の一環として入れ替わりやってくる「技能実習生」という名目で働いているため、日本社会に溶け込めるよう支援する体制はできていない。

 中川正春衆院議員(元文科相)は「なし崩し的にではなく、どこからどのような形で外国人を受け入れるのかを、将来を見据えて正面から議論することが不可欠。そのための包括的な基本法を超党派でつくりたい」と意気込む。だが、永田町では問題を直視して動こうという機運は薄い。

 一方、米欧の政治不安の火種になった雇用の喪失問題は人手不足が課題となる日本では心配ないとの声がある。

 数だけみればそうだが、人工知能(AI)やロボットの活用が進めば、これまで持っていた技能だけでは失職したり、仕事がみつからなかったりする人材のミスマッチが深刻になる恐れがある。転職がしにくく、新技能を学び取る機会も少ない硬直的な雇用システムを変えていかないと、社会への打撃は米欧以上に大きくなるかもしれない。

 米欧の政治混乱は対岸の火事にも映る。だが、日本も今のうちに対処しておかなければ、将来社会を揺さぶりかねない懸案を幾つも抱え、その多くが手つかずのままだ。

 敵をつくってたたく大衆扇動政治はまっぴらごめんだ。しかし、問題があたかも存在しないかのように思わせて安心させる政治の大衆催眠術にも気をつけないといけない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です