旬の人時の人 高橋一也さん(36) 教育界のノーベル賞 最終候補に選出 2016/06/07 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の総合1面にある「旬の人時の人 高橋一也さん(36) 教育界のノーベル賞 最終候補に選出」です。





 工学院大付属中学・高校(東京都八王子市)での授業は好奇心をくすぐる。「世界中の住宅を作ってみよう」。熱帯雨林に砂漠、4千メートルの高地……。生徒はその地の気候や特性をタブレット端末で調べ、思い描いた材質をブロック玩具「レゴ」の色で表現して組み立てる。作品の発表や質疑は英語だ。

 教育界のノーベル賞と呼ばれる英財団の「グローバル・ティーチャー賞」で、2月に世界148カ国、8千人の中から10人の最終候補に選ばれた。惜しくも受賞は逃したが、レゴなどを使ったユニークな授業が高く評価された。「リアルとバーチャルを融合した学び」が子供の力になると信じる。

 秋田県湯沢市で自然に囲まれて育った。少年時代は材料を集めてはルアーを自作した。土器発掘にも熱中し、かけらを集めては形にした。レゴ活用を思い立った原点だ。米国の大学で子供に発言を促し、教師とのやり取りなどを通じて思考力を高める授業を研究。帰国後、レゴも使って教壇で実践してきた。

 目指すは育った国の慣習や常識にとらわれず柔軟な思考を持った「地球市民」の育成だ。昨秋、工学院高の生徒がインドネシアで現地の環境問題の解決策を提案する企画も立ち上げた。「視野を広げ、何事にも疑問を持って」。温かいまなざしで、世界に羽ばたく人材の後押しを続けるつもりだ。

(鱸正人)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です