歯周病にかかるリスク 受動喫煙の男性も3倍 女性は関連見られず 2015/09/06 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の社会面にある「歯周病にかかるリスク 受動喫煙の男性も3倍 女性は関連見られず」です。





 自分でたばこを吸わなくても、副流煙にさらされる受動喫煙が続くと、男性の場合は歯周病にかかるリスクが3倍以上に高まる――。国立がん研究センターと東京医科歯科大の共同研究チームが5日までにこうした調査結果をまとめた。喫煙者が歯周病になりやすいことは知られているが、男性は受動喫煙でも同程度のリスクがあることが分かった。

 調査は1990年に秋田県で喫煙や受動喫煙などのアンケートに答えた当時40~59歳の男女を対象に実施。2006年までに歯科検診に協力してくれた1164人(男性552人、女性612人)を比較した。男女ごとに「喫煙者」「たばこを吸わず受動喫煙経験もない」など6グループに分類し、歯周病にかかったかどうか調べた。

 男性の場合、歯周病になるリスクは「たばこを吸わず受動喫煙経験もない」人に比べ、「たばこを吸わず家庭で受動喫煙経験がある」人は約3.1倍、「たばこを吸わず家庭に加えて職場でも受動喫煙経験がある」人は約3.6倍だった。喫煙者は約3.3倍で、受動喫煙のリスクは喫煙とほぼ同じだった。

 一方、女性の場合、喫煙・受動喫煙の状況と歯周病の発生割合に明確な関連はみられなかった。研究チームは「理由は分からない」としている。

 たばこのニコチンは歯周病を引き起こす歯周病菌の発育を促し、病原性を高める働きがある。喫煙自体も免疫力を低下させ、歯を支える組織の破壊を助長するため歯周病菌に感染しやすくなることが知られている。

 調査結果を受け、研究チームは「受動喫煙でも喫煙と同様のメカニズムが働くと推察される」と分析。「喫煙者は自身の健康だけでなく、受動喫煙により他人の健康にも悪影響を与えることを理解すべきだ」と注意を促している。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です