経営書を読む 「戦略プロフェッショナル」(1) 戦略理 論は役立つか間違った問い 2017/4/29 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の企業面にある「経営書を読む 「戦略プロフェッショナル」(1) 戦略理論は役立つか間違った問い」です。





 スタンフォードMBA(経営学修士)、ボストンコンサルティンググループ日本人1号採用、そして現ミスミグループ本社取締役会議長。きら星のような肩書の並ぶ三枝匡氏が25年以上前に自らの経験を基に書いたのが本書です。その後多く出版されている実話仕立ての経営書の先駆けと言ってもいいでしょう。

 本書で投げかけられているのが「戦略理論は役に立つか」という基本的な問いです。私もしばしば受ける質問です。著者の答えを少々単純化して言えば「正しく使えていないのに役に立つわけはない」ということです。

 「正しく使えていない」理由は2つです。1つは、戦略理論の価値は「単純化」にあるにもかかわらず、それを良しとしない感情的な問題。「そんなに単純なものではない」「一概には言えない」という反応はよく聞くところですが、それはおおむね「原理原則と枝葉末節を混同」していることの裏返しです。

 何でもそうですが原理原則を明らかにした上で個別の問題に取り組まなければ、解決できることも解決できません。「当社はちょっと特殊だから」。そう言い続けて迷路にはまり込んだ企業を再生してきたのが著者なのです。

 もう1つは「戦略理論を使えばすぐ問題解決」という短絡的な発想です。しかし、これも当たり前ですが、原則は同じでも応用(あるいは実践)はその企業に合ったものでなくてはなりません。ハーバード大学のクリステンセン教授も指摘するように、抗がん剤がどんなに良い薬でも、風邪は治らないのです。

 そう考えると「MBAは役に立つか」、あるいは「英語は役に立つか」も全く同じで、そもそも問い自体が間違っています。欧米でもそうですが、ビジネススクールとは端的に言えば「高級就職専門学校」です。MBAを取ること自体は目的でもなんでもなく、自分のキャリアアップこそが重要なのです。「自分(あるいは自社)の目的」があって、初めて正しい問いが成り立つのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です