経営書を読む 「戦略プロフェッショナル」(4)成功する会社論 理性と熱き心努力惜しまず 2017/5/20 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の企業面にある「経営書を読む 「戦略プロフェッショナル」(4)成功する会社論理性と熱き心努力惜しまず」です。





 戦略プロフェッショナルに描かれる主人公・広川洋一の成功には「運が良かった」という評価もあるでしょう。実際、この会社が立ち直った理由は非常に大きな潜在力を持った新製品があったからです。しかし、よく考えてみると優れた技術、製品を持ちながら没落していく企業は山のようにあります。シャープしかり、東芝しかり、一時期のソニーしかり。一体何が違うのでしょうか?

 例外はあるでしょうが、どの経営者も努力はしているのだと思います。しかし、おそらく2つの問題があります。1つは、「企業の目的」が曖昧になり、かつ戦略立案をアウトソースしていること。シャープが2期連続赤字になってから、5社ものコンサルティング会社を入れていたことは有名です。

 そして、より深刻な問題は「自分は精いっぱいやっているんだ」と低いレベルで満足していることです。結果として、あとは専門家や現場に任せればよいと決めつけ、うまくいかないと他人のせいにする。プロ野球オリックスの宮内義彦オーナーが「キャンプは順調です」と聞いて、「去年最下位だったチームが順調というのは、今年もまた最下位ということだ」と指摘したそうですが、まさにそういうことです。

 「運が良い」と言われる人、企業は、その運を生かす努力をしています。しかし、その努力は多くの場合見えない。成功者は「当たり前のことをやっただけ」というのですが、失敗し続けている経営者はそこで指摘される「当たり前」のレベルが自分と違うことがわからないのです。

 「努力」、あまりにもありきたりでしょうか? 「日本のビジネスマンの多くはいま、熱くなることを忘れている。『論理性』と『熱き心』の結合、それがいま日本のビジネスマンに最も求められていることではないか」というエンディングメッセージは、まさにそうした「青臭い原理原則」の重要性を問うているのではないかと思うのです。

=おわり



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です