経営書を読む 若桑みどり著「クアトロ・ラガッツィ」(4) グローバル化リーダー あなたの会社、人材いますか 2016/05/31 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞のキャリアアップ面にある「経営書を読む 若桑みどり著「クアトロ・ラガッツィ」(4) グローバル化リーダー あなたの会社、人材いますか」です。





 はるばる日本からきた少年使節団はローマで大歓待を受け、接見したグレゴリオ教皇は、彼らを見て感動のあまり号泣した――このドラマの脚本、演出、監督をすべて手掛けたのが類いまれなるグローバル経営者、ヴァリニャーノでした。

 グローバル化へとかじを切る戦略的な意思決定をしたのはバチカン本社(教皇庁)であったにせよ、グローバル化が成功するかどうかは、結局のところヴァリニャーノのような非連続を乗り越えることができる経営人材がいるかどうかにかかっています。

 過去の日本の企業にしてもそうです。高度成長期の日本の製造業は、猛烈な勢いで商売を世界に広げた実績があります。そこでもヴァリニャーノばりの経営者(典型例がソニーの盛田昭夫さん)が相手の市場や文化を深く理解して、率先して切り込んでいきました。

 単純にこちらのやり方を押しつけるか、あるいは単純に向こうに全部合わせるかの二者択一なら話は簡単です。しかも布教にしても経営にしても、グローバル化は二者択一ではなく、二者の融合の問題となります。その融合のインターフェースをどうとるか。そこにセンスが求められます。

 ヴァリニャーノのような本質を見抜く洞察力と相手を理解しようとする謙虚さを備えていて、しかも自分勝手に物事を解釈しないリアリズムでものを考えるリーダーが必要なのです。ただ社員全員がヴァリニャーノである必要はありません。自分の会社のヴァリニャーノを見極めるのがグローバル経営の第一歩です。

 本書を日本企業のグローバル経営に対するメッセージとして読めば、結論はこうなります。「あなたの会社にヴァリニャーノがいるか。いるとしたらそれは誰か」。この問いに対して答えがすぐに出なければ、グローバル化はかけ声倒れに終わるでしょう。グローバル化をリードできる経営人材の見極めをすべてに優先すべきです。

=この項おわり



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です