英語と向き合う 鳥飼玖美子さんに聞く 自分の言葉で思い伝える 学びたい時が好機 2016/06/11 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞のこころ面にある「英語と向き合う 鳥飼玖美子さんに聞く 自分の言葉で思い伝える 学びたい時が好機」です。





 いまの英語教育は方向が間違っている

 英語教育研究者の鳥飼玖美子さんが今年2月に出した「本物の英語力」(講談社)が版を重ねている。英語を話せる人たちが社会的に優位に立つ「英語格差」の広がりを指摘し、新たな発想に基づいた英語学習法を提唱する。

 「『英語格差』。嫌な言葉ですが、残念ながらこれは現実です。背景にはグローバル化を受けた学校の英語教育の混乱があります。かつての英語教育は、読み書きはできても、話せない、聞き取りができないのが欠点とされていました。『使える英語』をと、学習指導要領が改訂され、1993年から学校英語教育は、話す、聞くに重点を置いたオーラルコミュニケーションに力を入れることになりました。ところが、発音や聞き取りは多少良くなったものの、読み書きの能力は落ちています」

 「帰国子女やバイリンガルがもてはやされますが、幼いときに米国で生活して身に付けた英語がそのままビジネスなど社会の場で通用するかと言えば違います。いまは生活でも仕事でもメールでのやり取りが多くなってきましたから、話し言葉だけでなく、読み書きがより重要になっています」

 「英語は『国際共通語』なのだと言い続けています。英語は母語ではなく、第2言語という人たちとコミュニケーションに使うための言語なのです。英語とは聞こえないような発音や、間違いだらけの文法ではコミュニケーションは成立しませんが、英語が母語のネイティブスピーカーのように話す必要はまったくありません」

 国を挙げて取り組んでいる「グローバル人材の育成」に疑問を呈する。

 「外交交渉や海外商談で負けないよう、英語でのコミュニケーション能力を高めようということなのでしょう。英語力が付けば国際競争力が高まると思っている。しかし、これは大きな勘違いです。言い負かされてしまうのは、なにも日本人の英語力が不足しているからではありません。姿勢の問題なんです」

 「相手と粘り強く意見を戦わせていく。日本人はこれが苦手です。あきらめが早い。徹底的にやりあうことはしない。あきらめの早さは私が同時通訳をしていたときに常に感じました」

 「奥ゆかしさは日本の文化なのかもしれません。すばらしいと思います。しかし、自己主張を良しとする文化で育った人たちとやりとりをする場合には、弱みになります。日本の教育では、説き伏せる、反論するといったことを学んでいません。英語力が高まっても、こうした姿勢が身に付いていなければ勝てません。英語が流ちょうに話せるからといって、それがそのまま世界に通用する人材とはならないのです」

 英語を「草の根交流」の道具にし、思いを伝える

 「外国語は生涯学習であり、私はいまだに学んでいます」と鳥飼さんは言う。習得は容易ではない。自分の学習歴を振り返り、「挫折」の2文字が浮かんでくる人もいるだろう。

 「学生ならばともかく中高年以上では、英語で苦労するのはもうたくさんという方もいるかもしれません。仕事で必要ならばともかく、普通に生活していれば、英語はいらないと。でも、これからの人生で英語との思わぬ出合いがあるかもしれない。いまや海外から年間2000万人を超える人たちが日本を訪れる。2020年には東京オリンピック・パラリンピックがあり、異文化・異言語との接触は避けられない。英語と無縁の生活を送ろうとしても難しいのではないでしょうか」

 「先だって米国のオバマ大統領が広島を訪問しました。米国では原爆投下が戦争終結を早めたと教えられそう信じ込んでいる人が多い。しかし、日本人としてはとても納得はできないでしょう。日本人の考えは違う。米国人と話す機会があったら、そう英語で伝えたいと思いませんか。日本人が英語を学ぶのは、外国人に自分の意見や考えを伝える、日本について理解してもらうところに意味があるのではないでしょうか。草の根交流ですね」

 英語と無理なく付き合っていくにはどうすればいいのか。

 「まず発想を変えましょう。ネイティブスピーカーを目指すのではなく、自分が主体的に使える英語を身に付けることを目指すのです。文法の基本を守り、わかりやすく、ゆっくり、はっきり話す。相手の英語が分からなくても、自分が悪いと思わない。『早すぎてわからない』などと正直に伝えればいい。逆に話していて単語が出て来ないときは『ちょっと待って』と言えばいい」

 「世界中の人がお国なまりの英語を使っています。国際共通語はそれでいいんです。コミュニケーションは双方が努力して成立するもの。完璧主義は捨てましょう」

 「年齢も関係ない。『いまさら』ということはありません。特にいまの50代以上の方々は既に学校できちんと文法を学んでいる。自身が思っている以上に英語の基礎能力は高い。インターネットの時代、多様な学び方ができます。『やりたい』と思ったときが、始めるときです」

(シニア・エディター 大橋正也)

 とりかい・くみこ 東京生まれ。上智大学外国語学部卒業。英サウサンプトン大学大学院博士課程修了。立教大学教授などを経て中央教育研究所理事。NHK Eテレ「ニュースで英会話」の監修・講師を務める。著書に「英語教育論争から考える」「戦後史の中の英語と私」「国際共通語としての英語」など。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です