解を探しに 引き算の世界(1)出世イヤ、若者増殖中 魅力薄れ、ほどほど望む 2016/04/12 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の社会面にある「解を探しに 引き算の世界(1)出世イヤ、若者増殖中 魅力薄れ、ほどほど望む」です。





 「もうイヤになっちゃって」。東京都内に住む高橋有人さん(仮名、31)は3年前、4年間勤めたIT関連会社を辞めた。理由はいくつかある。その一つが上司のこんなセリフだ。「お前は、同期の誰がライバルなんだ?」

社員の相互投票で「実力ランキング」を決めるIT企業のカヤック(横浜市西区)=一部画像処理しています

 連日深夜まで続く残業、土日出勤の無言のプレッシャー、そして同期を業績で競わせる社風。そのどれもが合わないと感じた。

 高橋さんの理想は仕事3割、私生活7割、のバランスだという。仕事は真面目にこなす。定時に退社し、アフター5で映画を見る。そんな生活を目指して転職した。給与は多少減ったが、「重い責任やノルマを背負わされ、部下の世話でストレスをためるくらいなら、出世なんてしたくない」と言い切る。

 昔から高橋さんのような社員はいた。しかし最近、あちこちで増えているのではないか、と多くの職場で聞かれるようになってきた。

「社長目標」14%

 裏付けるデータもある。産業能率大の調査では、男性新入社員が目標とする地位はバブル期の1990年度は「社長」が46.7%だったが、2015年度は14.2%しかない。「地位には関心がない」は逆に20.0%から30.8%に増加した。

 「みなさんは管理職になりたいですか」。昨夏、都内で行われた流通商社の30歳向け研修。人事担当者が席を外した際、人材研修会社の社員が尋ねた。手を挙げたのは23人中4人。「ノルマがきついのに権限がない」「上司と部下の板挟みになった先輩がうつ病になった」。消極的な意見が会場を覆った。

 研修を担当した人材研修会社「シェイク」の吉田実社長は「真面目だが仕事に注ぐ力は70%。仕事にやりがいを見いだせず、責任を取りたがらない『ぶら下がり社員』が増えれば日本は危うい」と警告する。

 「3人連続で断られました。どうすればいいでしょうか」。昨年末、社会保険労務士の福田秀樹さん(43)の元を訪れた関西の小売企業の人事部長の顔は青ざめていた。

 店長昇格を打診したところ、立て続けに拒否された。給与は上がるが転勤を伴う。「未知の土地に移り住み、部下を抱えて働きたくはない」のが昇進を敬遠する理由だという。

 「上司にゴマをすり、出世競争に勝ち抜けば明るい未来が待っている、という時代はバブル崩壊とともに終わった」とみるのは武蔵大の田中俊之助教(社会学)。日本経済の先行きも不透明で「社会的地位の向上や昇給、裁量の拡大といった昇進の魅力が薄れ、負のイメージが目立つようになった」という。

減る「担い手」

 管理職の担い手が会社からいなくなる――。現実味を帯びる未来を回避する方策はあるのだろうか。

 IT企業「カヤック」(神奈川県鎌倉市)には部長より下の役職がない。代わりに半年に1度の社員の相互投票「実力ランキング」で給料を決める。結果も公表する。全社員が年2回参加する「ぜんいん社長合宿」では、社長になったつもりで経営課題を議論する。

 人事部の柴田史郎部長は「社員一人ひとりが経営に関わる実感を持つことがやりがいにつながり、会社が好きになる」という。

 「仕事は生活費を稼ぐ単なる手段」と語る若い社員が増える中、企業は「出世」に代わる仕事の魅力を示すことができるのか。難題を突きつけられている。

     ◇

 経済や社会が成熟し、これまでの成長・拡大志向とは違う価値観が広がってきた。出世にこだわらない。極力物を持たない。人間関係は面倒くさいだけ――。「引き算」に向かう社会の光と影を見つめた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です