訪日客最多268万人 7月17%増、韓国・香港けん引 2 017/8/17 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の経済面にある「訪日客最多268万人 7月17%増、韓国・香港けん引」です。





 観光庁が16日発表した7月の訪日外国人客数は前年同月比17%増の268万1500人だった。航空便が増えた韓国と香港からの旅客がけん引し、単月ベースで過去最高を更新した。国・地域別で見ても、韓国、香港、中国、台湾の客数が単月で過去最高を上回った。

原爆ドームを訪れた外国人観光客(広島市)

 前年同月比の伸び率は、韓国が44%、香港が27%、台湾が13%、中国が7%と大幅に増えた。主要20カ国・地域別に見た客数は、中国が78万800人と最多だった。昨年は個人客と団体客の割合がほぼ半々だったが、今年は個人客が6割強に増えており、全体の客数を押し上げている。

 同日会見した同庁の田村明比古長官は「訪日客数は順調に伸びている。2020年の4000万人の目標に向け、長く滞在して多く消費してもらう旅行者を増やしたい」と述べた。具体的には欧米やオーストラリアを対象に国別の戦略をつくり、客数の底上げにつなげる意向を示した。

 田村長官は「地方の受け入れ環境がまだ十分ではない」とも指摘。特に東北地方の受け入れ環境が遅れており、これからテコ入れに動くという。一方で、マレーシア、インドネシア、タイの3カ国が前年同月の客数を下回った。今年は宗教上の断食明けの休暇が6月にあり、その反動で7月は減少した。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です