譲歩するぐらいなら…「対中関係改善急がず」53%対北朝鮮「制裁 強化を」5割超す 2017/11/27 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の総合面にある「譲歩するぐらいなら…「対中関係改善急がず」53%対北朝鮮「制裁強化を」5割超す」です。





 日本経済新聞社の世論調査で、中国との関係について安倍晋三首相がどのような姿勢で臨むべきかを聞いたところ「日本が譲歩するぐらいなら関係改善を急ぐ必要はない」が53%に上った。「関係改善のためには日本が譲歩することもやむを得ない」は32%だった。

 首相は11月の東南アジア訪問における一連の首脳会議で、中国の南シナ海への進出問題を巡る発言を抑制した。日中韓首脳会談の早期開催や、2018年に日中首脳の相互訪問を目指している。内閣支持層、不支持層ともに「日本が譲歩するぐらいなら関係改善を急ぐ必要はない」が5割台だった。

 公明支持層は「関係改善のためには日本が譲歩することもやむを得ない」の方が上回った。

 ミサイル発射や核開発を続ける北朝鮮に国際社会が取るべき対応を聞いたところ「経済制裁を強めるべきだ」が53%に達した。同じ質問をした8月下旬の調査と比べ9ポイント上昇した。

 「あくまで話し合いで解決すべきだ」は31%で、6ポイント下落した。「軍事行動を考えるべきだ」は5ポイント下落の9%にとどまった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です