風見鶏 韓国、なぜ急に反日に 解けぬ野田氏の疑問 2013/11/24 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の総合・政治面にある「風見鶏 韓国、なぜ急に反日に 解けぬ野田氏の疑問」です。

人間の心、そこから発せられる言葉、これが変節するようでは、意思疎通が難しくなるのは当たり前、ましてや国家を代表する者同士であれば尚のことでしょう。自身の心から湧き出た発言、つまり、自身が考える理想を披歴した後、自らそれを披歴したものの前で破り捨てる。人間関係など形成できるわけがなく、それを日本国民は見ています。





 首相を退いてから、12月で1年。野田佳彦氏には、いまでも解けない疑問があるという。自分の在任中、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領はなぜ、あそこまで反日に振れたのか。その真意である。

 2011年10月、首相に就いた野田氏がまず訪れたのが韓国だった。彼によると、李大統領からは予想外の発言が飛び出した。

 「歴代の韓国政権は最初、日韓の未来志向を語りながら、だんだん支持率が下がると、歴史問題の対日カードを使ってきた。それによって、支持率を浮上させようとすることを繰り返してきた。私は絶対、そういうことはやりたくない」

 李氏は会談でこう断言し、未来志向の関係を約束した。野田氏は「すごい指導者だ」と感じ、「彼の在任中に経済だけでなく、安全保障の協力も強めるべきだ」と確信したという。

 ところが、初対面から2カ月後の同年12月、京都での2回目の会談では、李氏は別人のようだった。執拗に慰安婦問題を追及し、会談の半分以上がけんか腰の応酬になってしまった。

 「初会談であんなに打ち解け、未来志向の関係で合意したのになぜ、2カ月後にこんなに変わるのか。驚いたとしか言いようがなかった」。野田氏はこう振り返り、今でも「なぜなのか、分からない」と語る。

 さらに翌年8月、李氏は竹島訪問を強行した。日本としては到底、受け入れられず、李氏と協力する余地は完全に消えた。

 反日感情が根強い韓国では結局、だれが大統領になっても反日に振れる。経営者出身のリアリストで、保守派の李氏も例外ではなかった……。こう切り捨てることもできるだろう。だが、この対立劇の裏側には日韓を占うヒントもひそんでいる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です