(識者はこう見る)ヤミ民泊の摘発重要に 2018/06/16 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の「(識者はこう見る)ヤミ民泊の摘発重要に」です。





ニッセイ基礎研究所 佐久間誠研究員  民泊新法はこれまでグレーだった部分を整理し、旅館やホテルなど既存の宿泊業との公平性をもたらした。今後は合法民泊とヤミ民泊との間で不公平が生まれるため、ヤミ民泊を着実に摘発し、公平性を保つことが重要だ。生まれたばかりの民泊はこれからもビジネスモデルが変化していくため、それに合わせた規制の見直しも必要になる。

ニッセイ基礎研究所 佐久間誠研究員

自治体の上乗せ規制については、地域住民の感情などを考慮すると仕方がない面がある。米エアビーアンドビーなどが「あくまで民泊事業者と宿泊者をつないでいるだけ」という姿勢で様々な責任を回避してきたことに対して、住民の不信感が募った面もある。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です