BRICS、G7に肉薄 昨年GDP、7.5%増 物価調整ベース、中印けん引 2015/07/21 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の総合・経済面にある「BRICS、G7に肉薄 昨年GDP、7.5%増 物価調整ベース、中印けん引」です。

国のGDP上はG7に肉薄してきたようですが、資本、人材、技術の力ではまだまだ差があるのは事実です。





 中国、インド、ロシア、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)の経済規模が先進国に肉薄している。世界銀行によると、物価の格差を調整した購買力平価ベースの2014年の国内総生産(GDP)は、33.1兆ドルと前年比7.5%増。主要7カ国(G7)は34.5兆ドルで15年に肩を並べる可能性も出てきた。新興国の勢いは足元では鈍っているが、全体では拡大基調が続いている。

 世界全体をみると、108.5兆ドルでBRICSは30.6%を占めた。30%を超えるのは初めてだ。国別にみると中国は18兆ドルと前年から8.9%増え、17.4兆ドルだった米国を抜き首位に立った。世界3位のインドは9.0%増の7.4兆ドルで、0.4%増の4.6兆ドルだった4位の日本との差を一段と広げた。

 G7は前年から3.2%増えたが、伸び率はBRICSの半分以下にとどまった。15年の伸び率が14年と同じだとすると、BRICSは35兆6213億ドル、G7は35兆6278億ドルとなり、ほぼ同水準に達する。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鹿野達史・景気循環研究所副所長は「新興国の勢いは足元で鈍っているが、シェアを拡大する流れは変わらない」という。

 BRICSは今月、ロシアで首脳会議を開き、新興国の地位向上に向けて協力を進める姿勢を打ち出した。5カ国が共同出資する新開発銀行の正式発足も宣言した。世界経済・政治への影響力は一段と増しそうだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です