2014/06/01 本日の日本経済新聞より 「がん社会を診る 受動喫煙対策が急務」

今日の日経注目記事は、日本経済新聞14版の日曜に考える面にある「がん社会を診る 受動喫煙対策が急務」です。





 6日までは「禁煙週間」です。厚生労働省が定めたもので、テーマは「オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」です。世界保健機関(WHO)が世界中の国々に呼びかけている「世界禁煙デー」(5月31日)に合わせ、毎年この時期に実施しています。ちなみに禁煙デーの今年の標語はちょっと過激な「Raise taxes on tobacco」(たばこ税を引き上げよう)でした。

 喫煙はがんの最大原因で、日本人男性の場合、喫煙者は非喫煙者に比べて肺がんのリスクは4.5倍に増えます。この比率は欧米では10~20倍といわれます。東洋人に特有の遺伝的要素もありますが、欧米に比べて日本では受動喫煙が当たり前になっていることも背景にあると思います。

 日本人の場合、まだまだ受動喫煙が多く、本人がたばこを吸わなくても、日々の受動喫煙でがんのリスクが高まってしまっており、喫煙者との差が欧米ほどつかないというわけです。また、喫煙は肺がん以外のほとんどすべてのがんも増やします。

 私の場合、お酒は飲みますが、たばこは吸いません。「受動飲酒」はありませんが、たばこの場合、受動喫煙でもがんが増えるため、「自業自得」では済まないからです。

 たばこの最大の問題がこの受動喫煙で、自らが望まない不本意な健康被害という点では、原子力発電所事故に近い性質を持つといえるかもしれません。実際、受動喫煙は放射線を100ミリシーベルト程度、被ばくするのに相当します。

 たばこの煙には60種類もの発がん性のある物質が含まれています。タールやニコチン、一酸化炭素、ベンゾピレンなどの発がん物質の濃度は、主流煙より副流煙の方が、3.5倍になります。たばこを吸わない奥さんが、1箱以上吸うご主人と暮らしていると、奥さんの「肺腺がん」の危険は約2倍になります。

 受動喫煙はがんのほか、心筋梗塞や脳卒中など、年間7000人近くの日本人の死亡原因となっています。うち約半数が、職場での受動喫煙によって発症する肺がんと心筋梗塞で、1年間に男性1814人、女性1811人の合計3625人もの命が失われていると推計されています。

 職場での受動喫煙対策は待ったなしです。

中川恵一(東京大学病院准教授)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です