2015/03/03 本日の日本経済新聞より「経営書を読む なぜ、わかっていても実行できないのか(4) 知識を行動に変えるには 背景の考え方、正しく理解」

今日の日経注目記事は、日本経済新聞のキャリアアップ面にある「なぜ、わかっていても実行できないのか(4) 知識を行動に変えるには 背景の考え方、正しく理解」です。





 現代の我々にとって効率的に情報を集めて伝達する作業自体は、難しくありません。知識の量で差別化を図ることは難しく、知識をいかにうまく行動に変えられるかが重要です。

 知識と行動のギャップは様々な要因で発生するので、相互関係を理解することが必要であり、フェファーらはそのために重視すべきポイントを挙げています。

 大切なのは行動するためのテクニックばかり求めず、背景にある考え方を正しく理解することです。「どうやって?」より、まず「なぜ?」と自らに問いかける姿勢が重要です。そして、知識は集めるだけではなく、自ら行動することや人に教えることで身に付く、という点です。

 十分な計画ができていなくても、まず行動を起こして様々な経験をしながら修正した方が良いのです。行動すれば間違いも起きますが、これを寛容に受け入れ、人材教育の機会と捉えることが企業にとって重要です。

 叱責ばかりしていては、人は失敗を恐れて行動しなくなります。組織に恐怖心を植え付けるのも、解放するのもトップの行動次第です。現実的に組織には階層が存在しますが、むやみに権力の差を見せつけない配慮が、恐怖心からの解放につながります。

 フェファーらは「個人として社内の競争に勝利することと、組織ぐるみで市場の戦いに勝つことを混同してはならない」と強調しています。企業活動の場合、個人の努力だけではなく、チームで努力して顧客満足を獲得するため、同僚を打ち負かすという行為は無用なのです。

 最後に評価項目は可能な限りシンプルにすべきです。過去の実績を細かく分析し評価するより何故そうなったのか、これから何をするかを考えることに時間を使うべきです。そして、原因が分かったらすぐに行動すること。「経験は、いつでも最良の師」なのです。

=この項おわり

(ケーススタディーなど全文を「日経Bizアカデミー」に掲載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です