カテゴリー別アーカイブ: 健康

こころの健康学 できることから積み重ねる 2018/3/12 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 できることから積み重ねる」です。





 精神医療の現場で使われる「リカバリー」という考え方は、精神障害を持つ人がその人らしく生きていくことを大切にしようというもので、誰にとっても大切な意味を持つ言葉だ。そうはいっても、精神症状を抱えながら生きていくのは大変なことだ。NPO法人、地域精神保健福祉機構(コンボ)の雑誌「こころの元気+」の特集を読み、あらためてそのことを感じた。

イラスト・大塚いちお

 コンボは精神障害を持つ人やその家族を中心に運営されている団体で、10年以上前の設立当初から「こころの元気+」を発刊している。私も毎月寄稿している。この雑誌は精神障害を持つ人が表紙を飾り、原稿も書くところに特色があり、いろいろと気づかされることが多い。

 最近、この雑誌が「働くこと」をテーマに特集を組んだ。障害を持つ人の法定雇用率が今春上がるためだ。精神障害を持つ人の文章を読むと、障害を持ちながらも自分らしく生きていこうとする姿が強く感じられる。

 まさにリカバリーを実践しているのだが、書かれた文章を読むと、精神障害に苦しみながらも、できることから少しずつ積み重ねていることに気づく。その過程で多くの人に助けられているのを感じ、感謝を大事にする気持ちが特集全体を通して表れていた。

 困った状況に直面したとき、ちょっと立ち止まって周囲の手助けを受けながら一歩一歩進んでいく。そういうこころの持ち方は、精神障害を持つかどうかにかかわらず、私たち誰にとっても大事なことだ。障害を持ちながら生きている人たちの言葉だけに、それが重みを持って感じられた。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 自分らしく生きる大切さ 2018/2/26 本日 の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 自分らしく生きる大切さ」です。





 平昌オリンピックが終わった。超人的なパフォーマンスに感動した人は多いだろう。私もその一人だが、その一方で、超一流の選手でもプレッシャーのために思い通りの結果を出せないことがあるという報道に接すると、人間のこころと体の複雑さを感じる。それに、ある競技に突出した才能があっても、全く別の競技で選手になれるわけではない。当たり前のことだが、人にはそれぞれ持ち味がある。

 最近、精神医療の分野でリカバリーという言葉を聞く機会が多い。この言葉は、精神疾患を抱えながらも自分らしく生きていけるようになる状態を意味する。精神症状の有無にかかわらず、それぞれの人の生き方を大切にしようという深い内容の言葉だ。精神疾患を持つ人だけでなく、私たち誰もが自分の生き方を考えるきっかけを与えてくれると、私は考えている。

 精神疾患の病態や治療に関する研究は進んできたが、原因を特定するにはまだいたっていない。完全に症状が消えないまま生活しなくてはならない人も少なくない。しかし、症状が残っていても、精神的な悩みを抱えていても、自分らしい生活を送ることはできる。

 私たちは、多かれ少なかれ、何らかのハンディキャップを抱えている。病気の治療を続けている人は少なくない。医療機関で治療するほどではなくても、何らかの配慮が必要な人は多い。経済面や年齢面など、私たちは何らかの問題に囲まれて生きている。そのときに、問題だけではなく、自分の力にも目を向けて自分らしく生きていく大切さを、リカバリーという言葉は教えてくれる。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 知識と知恵の違いとは 2018/2/19 本日の 日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 知識と知恵の違いとは」です。





 受験の時期になると、私が大学勤務のころに、試験監督をしたことを思い出す。3年も受験を続けた大学浪人時代の苦労を考えれば、監督するのは気楽なものかと思いながらも、それなりに緊張して取り組んでいた。

 受験会場で問題に取り組む受験生の机の間を歩いて行くと、書き込んだ解答が私の目に入らないように体で試験用紙を覆う受験生がいた。試験監督の私が解答を読んで、できが悪いと思うとでも考えたのだろうか。

 だが、私には試験の答えなど全くわからない。高校時代に習ったことなどすっかり忘れてしまっていた。微分や積分など数学で習った記憶はあるが、それがどのようなものか説明しろといわれても全く思い出せない。

 そうだとすると、高校時代に勉強することなど役に立たないのではないかと考える人がいる。実際に、高校生にそのように尋ねられたこともある。そうした質問に私は若干戸惑いながら、知識と知恵の違いを説明するようにしている。

 微分や積分、物理の公式、英語の長文読解など、高校時代や受験浪人時代に習った知識は、一部記憶に残っていても、忘れていることが多い。しかし、そうした知識を学んだときの基本的な考え方はいつまでも記憶に残っている。

 ひとつの問いに対して解に至る道が複数あることを数学で学び、地域によって生き方の違いがあることを地理で学んだ。物理では、真実を求めて美しい説明のプロセスを探す大切さを学び、じつに様々な知恵を学べていたのだと、今になって実感している。学びにムダはないとつくづく思う。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 浪人生活 劣等生も悪くない 2018/2/12 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 浪人生活 劣等生も悪くない」です。





 1月、東京にも大雪が降った。屋根や道路に積もった雪を眺めると、雪が降りしきる中、大学の合格発表を遠くまで見に行ったことを思い出す。私は愛媛県出身だが、最初に受験したのは雪国の大学だった。自分の偏差値と、脳科学を勉強したいという夢と、そしてその土地への憧れがあって選んだ大学だ。

イラスト・大塚 いちお

 試験が終わったときに十分な手応えを感じたこともあって、受験発表を自分の目で確かめたいという思いで、その大学まで足を運んだ。雪が降りしきるなか、掲示板のあるキャンパスに向かったが、その途中で耳に入ってきた音楽まで、はっきりと耳に残っている。それだけ気持ちが高揚していたのだろう。

 ところが、掲示板を見ても、自分の受験番号は合格者の中になかった。がくぜんとしながら降りしきる雪のなかに立ち尽くした。そこから私の浪人生活が始まったのだが、3年も受験を続けたと人に話すと、どうしてそこまで頑張れたのかと、半分あきれたように、半分感心したようにいわれることが多い。

 自分でもその理由はよくわからないが、浪人中の勉強が楽しかったこともあるのではないかと考えている。ある時期まで劣等生だった私にとって、予備校で習うことは新鮮だった。おそらく高校時代にも勉強したことなのだろうが、きちんと頭に入っていなかったのだろう。

 2度目の勉強になるので、これまでとは違いよくわかる。わかることが増えるとうれしくなり、もう少し勉強したいと考えるようになる。そのように考えると、劣等生も悪くなかったのではないかとさえ思えてくる。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 難しい課題、低い緊張で臨む 2018/1/22 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 難しい課題、低い緊張で臨む」です。





 何かをしようとするとき、適度に緊張しているとパフォーマンスは上がるが、緊張が弱すぎても強すぎてもパフォーマンスは落ちるというネズミの実験結果を前回紹介した。ヤーキース・ドットソンの法則と呼ばれるものだが、この研究から、取り組む課題によって適度な緊張状態の程度が違うこともわかっている。それによれば、課題がやさしいときには緊張状態が高い方がよいし、難しいときは緊張状態が低い方がよいという。

 この時期、大学受験が本格的になる。私は3年間大学浪人をしただけに試験と聞くと反射的に緊張するクセがある。いまだに試験を受けている夢を見て、はっと目が覚めることがある。

 大学入試を受けていたときも、失敗すればするほど、また失敗するのではないかと考えて緊張してしまったように思う。試験日が近づくと教科書や参考書をひっくり返して目を通し、忘れているところが見つかったり、解けない問題が出てきたりすると焦って、さらに勉強するということを繰り返していた。

 今になって考えると、大学入試という難しい課題に取り組むときに、あえて自分から緊張を高めるという、まったく逆効果の対応をしていたのだとわかる。だがその頃はそうした知識がなく、気持ちだけが空回りをしていた。

 大学入試の出題範囲の広さを考えると、個別の問題に目を向けるのはほとんど意味がない。むしろ、好きな本を読んだり音楽を聴いたりしてリラックスしていた方がよかったと思う。大学入試に限らず、このように課題によって緊張をコントロールできるとよいだろう。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 適度な緊張感で良い成果 2018/1/15 本日 の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 適度な緊張感で良い成果」です。





 今年の正月は比較的ゆっくりできた。それはそれでよかったのだが、あまりゆっくりした気持ちになりすぎると思いがけない失敗をすることがあるので、注意しなくてはならない。

イラスト・大塚いちお

 このようなことを書くのは、私自身、正月にのんびりしすぎてこのコラムの原稿を書くのを忘れそうになったからだ。私はできるだけその時期に合うテーマを選びたいと考えて、比較的ギリギリに原稿を書くようにしているのだが、今回は正月にのんびりしすぎて、いつの間にか締め切りがきてしまっていた。

 ストレスを感じなさすぎると仕事のパフォーマンスが上がらないというのは、自ら体験した感じだ。ストレスを感じるからこそパフォーマンスがあがることを示した実験がある。心理学者のヤーキースとドットソンがした実験で、ネズミに白と黒を区別する課題を与え、間違えると電流を流して学習を促した。

 その結果、流す電流の強さによって失敗の頻度が変わることがわかった。電流が全く流れなかったり、軽くしか流れなかったりすると失敗が増える。気が緩み油断するからなのだろう。電気刺激を次第に強くすると失敗は少なくなるが、強くなりすぎるとまた増えてくる。失敗すると大変だと考えて緊張するからなのだろう。

 パフォーマンスが落ちたり失敗が多くなったりするのは、人間も同じだ。パフォーマンスを上げるためには、ほどほどの緊張感が必要なのだ。もっとも、緊張がずっと続くと疲れがたまるので、適度に緊張を解くことも大切だ。適度に緊張し適度に緊張を解く。その加減はいくつになっても難しいと感じている。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 自分貫く「棒」は何か考える 2018/1/8 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 自分貫く「棒」は何か考える」です。





 年が改まった。それぞれの人がそれぞれの思いで新年を迎えたことだろう。しかし、年が変わったからといって自分が変わるわけではない。まわりの環境も同じように続いていく。

イラスト・大塚いちお

 私が好きな「去年今年貫く棒の如きもの」という高浜虚子の俳句がある。新年になっても変わりなく続く自然の原理を力強く表現した句だといわれている。しかし、それでも私などは、新年を迎えると、自分が少し変われたような感覚になれる。

 自分がいくらかでも変われたような気持ちになれるのは、変わらない自分を同時に感じているからだろう。本来の自分をしっかり持てていれば、さらに新しいものにチャレンジしながら変わっていける。逆に、本来の自分が揺らげば、先に進んでいくことはできない。

 30年以上前の米国留学時に、いくらかそのような感覚になった。名門といわれる大学だったが、まわりの人は日本の精神医学のことをほとんど知らず、関心もなかった。心理的な意味でアメリカ第一主義の専門家に囲まれて、一体自分がなぜこんなところに飛び込んだのか、この先どうなるのかと、不安になったのを思い出す。

 そうした心理状態では新しいことにチャレンジできず、自分の世界に閉じこもりがちになった。何とか抜け出すまでに1年近くかかった。それは家族をはじめ周囲の支えがあったからではあるが、少し格好良くいうと、精神科医としての自分の立ち位置を忘れなかったことも影響していた。

 新年に、自分の「棒の如きもの」が何か、少し考えてみてもよいだろう。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 笑顔や速足心がけて気分軽く 2017/12/18 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 笑顔や速足心がけて気分軽く」です。





 クリスマスが近づき、楽しい計画を心待ちにする人も多いだろうが、この時期に誕生日を迎える人のことが話題になった。この時期はクリスマス会や忘年会など、多くの人にお祝いされる機会があってさぞうれしいのではないかと考えたのだが、どうもそれだけではないようだ。

 特に気持ちが乗らないときや塞ぎ込みがちのときに、クリスマスなどで周囲の人が楽しそうにしていると、周囲の明るさと自分のこころの暗さのギャップをいつも以上に感じるという。そうすると、気持ちがさらにめいり、ますます自分のなかに閉じこもりがちになる。

 もっとも、この時期に気持ちが塞ぎ込みがちになるのは自然なことでもある。だんだんと夜が長くなり、寒さも厳しくなる。そうした気候が自然に私たちのこころに影響してきて、沈み込みがちになってくる。

 実はクリスマスの起源もそうした季節の変化と関係しているようだ。クリスマスの祝いが始まった当時のローマ帝国では、日照時間が短くなる冬の時期は不吉だとされていたが、日照時間が逆転して長くなりはじめるこの時期にお祝いをすることになったといわれている。

 クリスマスにそうした意味があるとすると、気分がめいりがちになっても、思い切ってクリスマスの雰囲気に自分から浸るようにしてはどうだろう。落ち込んでいるときに、その気分にそぐわない行動をすると、気分が持ち上がってくるという研究報告もある。無理をすることはないが、意識的に笑顔を作ったり、速足で歩いたりするだけでも気分が軽くなる可能性がある。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 聴衆との一体感、緊張解く 2017/12/4 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 聴衆との一体感、緊張解く」です。





 ここのところ何回か、自分の講演を録音した。中国発の音声プラットホームの日本版を手がけるシマラヤジャパン(東京・渋谷)の担当者から、私の講演や本の朗読をアップしてはどうかと誘われたからだ。同社は講演や朗読、エンターテインメントの音声をネット上で聴くことのできる仕組みを作っている。中国では4億人の会員がいて、初の海外進出先として日本を選んだそうだ。そのなかに私のアルバムもアップしたいという。

イラスト・大塚いちお

 私は講演の機会が多いが、何度やっても苦手意識が消えない。講演が近づくと「上手に話せるだろうか」「時間いっぱい話し続けられるだろうか」など、いろいろな考えが頭に浮かんで緊張してくる。こころに余裕がなくなって、ぶっきらぼうな態度になっているようにも感じる。気分的に落ち込んでいるときにはとくにそうだ。

 話し始めてもしばらくは緊張が続き、ろれつがうまく回っていないように感じる。ところが不思議なことに、しばらく話していると次第に緊張が解けてくる。さらに、聴衆がうなずきながら聴いているのが目に入ると、次第に高揚感のようなものが湧いてくる。聴衆と一体になったような不思議な感覚だ。

 そうするとそれまでの落ち込みや緊張はどこかに消え去って、表情は穏やかになり自然と笑顔になってくる。まさに人の存在の力を感じる瞬間で、聴衆に話させてもらったという思いを強く持つ。

 さて、このような私の講演の出来がどうだったか、しばらくは無料で提供されているので、時間が許す方は確かめていただきたい。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



中央アジア諸国結束へ人口最大ウズベク、孤立主義転換中ロ抜き、首脳会 議主導 2017/11/21 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「中央アジア諸国結束へ人口最大ウズベク、孤立主義転換中ロ抜き、首脳会議主導」です。





 中央アジア・ウズベキスタンが孤立路線を敷いたカリモフ前大統領の死を受け、外交を大きく転換させている。周辺国と関係を強化し、地域協力を主導する動きも見せる。最大の人口を抱える同国の転換により中央アジア諸国が結束するようになれば、地域で影響力を拡大する中国やロシアとの力関係も変わる可能性がある。 

ミルジヨエフ大統領は孤立路線からの脱却を図る(9月、国連本部)=ロイター

地域関係を改善

 ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領は10日、同国南部サマルカンドで安全保障会議を開き、中央アジア5カ国(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン)による定期的な首脳会議の開催を提案した。

 ウズベキスタン政府によると、提案にはすべての国が同意したとしており、2018年にも初の5カ国首脳会議が開かれる見通しとなった。旧ソ連崩壊後に独立した中央アジア各国は上海協力機構など中ロ主導の組織に参加するが、大国抜きで地域の問題を話しあう枠組みはなかった。

 16年9月に死去するまで四半世紀にわたり君臨したカリモフ前大統領は国内で絶対的な権力を握る一方、他国との協力に懐疑的だった。特にキルギス、タジキスタンとは国境や水資源を巡って長年争っており、地域協力の障害になっていた。

 同年12月に就任したミルジヨエフ大統領は前任のカリモフ氏の路線を修正し、周辺国との関係改善を最大の課題に据えた。就任後にまずトルクメニスタンとカザフスタンを訪問し、9月には大統領として17年ぶりに2国間首脳会談のためにキルギスを訪れた。タジキスタンへも外交攻勢を掛けている。 

「一帯一路」機に

 カミロフ外相は「国境紛争から輸送インフラの整備、安全保障の問題までの課題に取り組むには周辺国との協調が欠かせない」と説明する。経済発展の前提となる海外からの投資誘致の環境を整える狙いと見られる。

 経済改革にも取り組み、9月には外国為替取引を自由化した。中国が掲げる現代版シルクロード構想「一帯一路」を好機と捉え、インフラ整備を巡る周辺国との協力を模索する。 

 人権問題を批判する欧米との関係強化も意識し、投獄していた政治犯の一部を釈放した。欧州の外交官は「民主・自由化がどこまで進むかは不透明だが、ウズベキスタンの変化は地域情勢にプラス」と指摘する。

 周辺国への外交と並行してミルジヨエフ大統領はロシアと中国を順番に訪問したあと、9月に訪米した。全方位外交で大国のバランスを取り、独立性を維持する思惑が透ける。カミロフ外相は取材に対し、中央アジアの3カ国も加盟するロシア主導のユーラシア経済同盟と集団安全保障条約機構(CSTO)に加盟する考えはないと明言した。

(サマルカンドで、

古川英治)