カテゴリー別アーカイブ: 健康

こころの健康学 「意識を他に向ける」大切さ 2017/8/14 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 「意識を他に向ける」大切さ」です。





 学会場にチーンと鈴が鳴る音が響いた。先月開催された日本認知療法・認知行動療法学会のシンポジウムでのことだ。認知行動療法はカウンセリングの一種で、私たちのとっさの判断が問題解決を妨げていることが多いことから、その判断を現実的で適切なものに変えることで悩みが軽くなるように導く。

 そのシンポジストが鈴を鳴らしたのは、あれこれ考えているときに自分の関心を他に向けることで考えすぎないようにすれば、気持ちが軽くなることを聴衆に体験してもらうためだ。

 私たちは問題が起きると解決しようとあれこれ考える。これ自体はけっして悪いことではない。問題解決は、役に立つかどうかの判断を後回しにして、あれこれ考えて解決策をあれこれ並べてみることから始まる。

 しかし、そのときに気をつけないと、過去の失敗をあれこれ思い出して後悔するようになっていることがよくある。思うように手助けしてくれない周囲への不満で頭がいっぱいになることもある。専門的には反すうと呼ぶが、牛が飲み込んだ食べ物を胃から口に戻してかみ直すのを繰り返すように、同じことをあれこれ考えるようになる。

 それだと問題を解決できないだけでなく、つらい気持ちが続くことになる。そうしたとき、あれこれ考えるのをやめて意識を変えることができれば気持ちが楽になるし、問題解決に向けて足を踏み出すことができる。つらくなったとき、チーンという音をきっかけに意識を他に向けてから、もう一度問題に向き合う。その手立ての効果を示すため、シンポジストは鈴を鳴らしたのだ。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 夏休みに五感取り戻そう 2017/8/7 本日の 日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 夏休みに五感取り戻そう」です。





 将棋にうとい私だが、藤井聡太四段が連勝記録を伸ばしていたときには、人間の持つ潜在能力のすごさを感じた。将棋についてはプロ棋士と人工知能(AI)の戦いも話題になった。私は、プロ棋士がAIに敗れたというニュースに接したときにも、人間の持つ可能性を感じた。

 AIがどこまで発展するのかと不安と期待の入り交じった気持ちになる一方で、AIと渡り合える人間の潜在能力に驚きを感じた。機械と違いこころや体が一定していない人間が、機械とギリギリのところで戦えることに、人間の可能性を感じた。

 以前、ある講演会で将棋の高段者が感覚の大切さを話していた。私もだが一般の人は高段者が何手先まで読むかを気にする。しかし、その人は、先の手を読むよりも、その瞬間の感覚を大切にしているというのだ。いろいろと考えてひとつの手を打つとき、その手が良い手かどうかは、将棋の駒を将棋盤に置くときの感覚で判断するという。

 駒を置こうとしたときに良い気持ちになるようだったら、安心して置くことができる。しかし、何かスッキリしない、不愉快な感じになるようだったら良くない手なので、駒を引っ込めるという。私は将棋のことはわからないが、五感の働きの大切さが伝わってきて、とてもよく納得できる話だと思った。

 ちょうど今、夏休みを取る人が多い時期だ。毎日、学校や仕事で学業や業務、家事など日常に追われていると五感が鈍りがちになる。せっかくの夏休み、日常から少し離れて自然の中で五感を取り戻す体験をする機会にしていただきたい。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 怒ったとき 反応よりも選択 2017/7/24 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 怒ったとき 反応よりも選択」です。





 怒りのコントロールでは感情の高まりに気づくことが大切だ。怒りを感じたときに起きてくる体の反応や特徴的な行動、考えに気づいて立ち止まるようにすると怒りに上手に対処しやすくなるからだ。

 そうした変化に気づいたときには、反応ではなく選択ができるように意識する。もちろん、腹が立つときというのは、相手がひどいことをしたり不愉快な態度を取ったりしたときで、怒りをぶつけたくなる気持ちは十分に理解できる。

 だから腹を立てて反射的に反応するのだが、それで自分が望むような結果を得られるかというと、必ずしもそうではない。むしろ、自分の怒りが相手の怒りを引き出し、お互い感情的になってますますよくない状態になっていく。自分に対してきちんと配慮をしてほしいという本来の思いとはまったく逆の方向に状況が進んでいってしまう。

 避けるためには、立ち止まって、自分が相手に何を期待しているのかを具体的に考えてみるとよい。自分が期待する態度を相手が取るようにするには、自分がどのように行動をするのがよいのかを考える。相手の主張を受け入れるのか、逆に自分の考えを主張した方がよいのか、どのような伝え方をするのか、いくつかの選択肢を考えるようにする。

 腹が立ったときに、自分の考えを冷静に振り返って行動の選択をするのはたしかに大変だが、そうした対応ができるかどうかで、その後の人間関係はまったく違ってくる。反応ではなく選択ができるこころの余裕が、職場や家庭の人間関係をよくする。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 怒りの波、上手に「乗る」 2017/7/17 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 怒りの波、上手に「乗る」」です。





 腹が立ったときに、そのまま怒りを相手にぶつけると結果として良くない方向に進みやすい。感情は伝染しやすく、怒りは相手の怒りを引き起こしやすいからだ。腹が立つのには相応の理由がある。相手がひどいことをしているからこそ、腹が立つのだ。だからといって怒りを直接ぶつけても、互いに不愉快になり気まずくなるだけだ。

 そうしたときにサーフィンを思い起こすとよいと前回の本欄で書いた。怒りは海辺に打ち寄せる波のようなものだ。波は最高潮に達した後、次第に小さくなって浜辺に打ち寄せる。感情も同じで、高まったままずっと続くということはない。

 怒りの感情は、急激に高まった後、次第に弱まっていく。だから、感情が高まったときはその波に静かに身を任せて、小さくなるまで待つようにする。サーフィンで波の上に立ち、波の動きに身を任せるのと同じだ。感情に任せて行動するといろいろと問題が出てくる。そうならないために、まず自分の怒りの感情が高まってくることに気づくようにすることが大事だ。

 そうは言っても、怒りが高まってきたことに気づくのはなかなか難しい。怒りが高まってくると、自分を振り返れなくなるからだ。それを避けるためには、怒ったときに自分の体や心にどのような反応が起きるのかを事前に知っておくようにするとよい。

 腹が立ったときの体の反応や特徴的な行動、頭に浮かびやすい考えを事前に書き出しておく。そして、少しでもそうした兆候が出てきたときに立ち止まるようにすると、感情の波に上手に乗れるようになる。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 認められることが大事 2017/7/3 本日の日 本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 認められることが大事」です。





 5月末、米国精神医学会の学術総会にあわせて米国西海岸に行った。会場の近くに住む知人の精神科医、アレン・フランセス博士の家に滞在したこともあって、学会に出席しただけではわからない新しい情報をいろいろと知ることができた。

イラスト・大塚 いちお

 フランセス博士は世界的に知られた精神科医で、現役を退いた今でもツイッターやブログで自分の考えを発信し続けている。しばらく前に出版された本『〈正常〉を救え』(講談社)では、精神疾患の治療を必要とする人が治療を受けられていない一方で、精神疾患の過剰診断のために不必要に投薬されている人が少なくないことに警鐘を鳴らし、世界的に注目された。また私たち一人ひとりが持つこころの力に目を向け、それを生かすことの大切さも強調している。

 私がフランセス博士と出会ったのは、私が米国留学をしたときだった。英語がさほど得意でないこともあって苦しんでいた私に、「あんなに良い車を作っている国から来たんだから、きっと頑張れるよ」と声をかけてくれたのがきっかけだった。1980年代半ばで、日本の車が米国で注目されるようになってきた時期だった。

 考えてみれば、私が車を作っていたわけではないので、私がほめられることでもないように思えるが、日本人としての自分の存在を認めてもらえたことがうれしかった。

 どのような形であっても、人から認められることがこころの支えになることを、身をもって体験することができた。それが、その後精神科医として私が患者さんに接するときの姿勢に影響していることは間違いない。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 今に目を向け脱・落とし穴 2017/6/19 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 今に目を向け脱・落とし穴」です。





 気持ちが落ち込んで自分の世界に閉じこもるようになった状態を、落とし穴に落ちたようだと表現した人がいる。思いがけないところに落とし穴があり、そこにストンと落ちて、真っ暗闇でまわりが見えない状態を表したものだ。落とし穴に落ちると、いくらもがいてもなかなか抜け出すことができない。

 以前、私たちは、そのような状態になった人が何をきっかけに落とし穴に落ち、どのように抜け出すのかを調べたことがある。もちろん、ストレスを感じる状況におかれることがきっかけになるが、それだけではない。

 ストレスを感じる状態におかれても、つまずく人とそうならない人がいる。つまずく人は考え方に特徴があり、「やっぱり」「また」「いつも」「ずっと」といった言葉が考えの中に含まれることが多い。ストレスフルな現実に冷静に目を向けるのではなく、全体をざっくりとまとめて受け取り、反応する傾向が強いのだ。

 うまくいかない現実があるとしても「ずっと」と言っていると、その現実が続いている錯覚に陥り、現実以上に大変な状況に直面しているような気持ちになってくるから注意が必要だ。

 つまずく人のもう一つの特徴は、過去のことに目を向けることが多いことだ。過去のことをあれこれ思い悩んでいるのだが、過去は変えられない。そうしたときは、今に目を向けて、今何ができるのかを考えることができれば、先に進める可能性が見えてくる。

 落とし穴に落ちたように感じたときには、今何が起きていて、今何ができるのかを考えることが役に立つ。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 曜日ごと 活動ペース調整 2017/5/1 本日の 日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 曜日ごと 活動ペース調整」です。





 曜日には色があると言った人がいる。日曜日から土曜日までまったく同じように過ぎていくのではなく、曜日それぞれに感じる気持ちに特徴があって、曜日によってこころの状態が違ってくるというのだ。

イラスト・大塚 いちお

 中でも、多くの人のこころが一番軽くなるのが金曜日だろう。以前には花の金曜日を短縮した「花金」という言葉が使われていた。一週間働いてきてホッと一息つける金曜日の心理状態をうまく言い表した表現だ。

 最近は「プレミアムフライデー」といって、月末の金曜日には早めに仕事を切り上げて自分や家族のために時間を使おうと呼びかけられている。ウイークデーに働く人にとって、金曜日に続いて楽な気持ちになれるのが木曜日だろう。「花金」ならぬ「花木」と言われたりする。

 一方、週の始まりにはこころや体が重いと感じる人が少なくない。特に月曜日は週末の休みの反動からか、今ひとつスッキリしないという人が多く、精神的な不調をかかえて出社に苦労するという話をよく耳にする。

 もちろん、ここまで書いてきたことはウイークデーに働く人の例で、働き方や生き方は人によって違う。シフト勤務の人、週末や休みに働く人、働かない人、働けない人など様々だ。どの人も、こころはいつも同じ状態にあるわけではなく、周囲の環境の影響を受けて動いている。

 だからこそ、その時々のこころの状態にあわせて自分の活動のペースを調整することが、こころの健康を保つために大切になる。その意味で、曜日に色があるという視点を意識しておくことが大事だ。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



こころの健康学 優しい表情、周囲に安心感 2017/3/27 本 日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「こころの健康学 優しい表情、周囲に安心感」です。





 前回の本欄で、表情や姿勢などの外見を明るくすることで、こころを元気にすることを提案した。外見は自分のこころだけでなく、他の人のこころも元気にする。それは非言語的なコミュニケーションといえ、職場や家庭、学校など、いろいろな場面での人間関係にも影響する。

 もう30年以上前のことになるが、赤ん坊の行動から非言語的コミュニケーションの大切さを研究している米国の施設を見学したことがある。「ビジュアル・クリフ」と呼ばれる装置を使った実験だった。

 「視覚的断崖」とでも訳せばよいのだろうか。物々しい印象を受けるが、それは普通の机の上に分厚くしっかりとしたガラスを置いただけの装置だ。ただ、そのガラスは机の端で終わるのではなく、その先1メートルくらいまで延びている。

 実験では、そのガラスの先に母親が立って、8カ月の赤ん坊に反対側からハイハイで母親の方に進んでいくように促す。赤ん坊は机の端までたどり着くと、そこで動かなくなる。その先に机がなく、崖のように見えるからだ。

 そのとき母親が「こちらにおいで」と優しい表情で声をかけると、赤ん坊は再び進み始める。ところが、母親がおびえたような表情でまったく同じ言葉をかけても、赤ん坊は先に進もうとしない。赤ん坊は、言葉の内容ではなく、言葉にならない雰囲気に反応しているのだ。

 雰囲気に反応するのは赤ん坊に限ったことではない。だからこそ、新年度には、新しい環境で緊張している人たちが安心できる環境作りが大切になる。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)



米外交・安保に混乱も トランプ氏と情報機関、対立激化 2017/1/ 18 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の健康面にある「米外交・安保に混乱も トランプ氏と情報機関、対立激化」です。





 【ワシントン=鳳山太成】20日の米新政権の発足を控え、ロシアを巡るトランプ次期米大統領と米情報機関の対立が激しくなっている。大統領選へのサイバー攻撃などを根拠に情報機関はロシアへの警戒を強めており、ロシア寄りの姿勢をみせるトランプ氏をけん制する。政権移行期のぎくしゃくした関係が新政権下も続けば、米国の外交・安全保障政策に影響を及ぼしかねない。

 「もっとも腹立たしいのはわれわれ情報機関を『ナチス・ドイツ』扱いしたことだ」。トランプ氏の大統領就任を機に退任する米中央情報局(CIA)のブレナン長官は15日放映のFOXテレビ番組でトランプ氏を痛烈に批判した。

 対立の発端は一部メディアが10日報道した「ロシアがトランプ氏の個人的な弱みを握っている」との疑惑だ。トランプ氏は疑惑をメディアに漏らした犯人を情報機関と決めつけ、11日の記者会見では「偽の情報を流すなど『ナチス・ドイツ』のやり方だ」と糾弾。トランプ氏はブレナン氏の15日の反論にも、ツイッターで「偽ニュースを流した犯人はこいつか?」とすぐにやり返した。

 両者の対立は新政権の外交・安保政策に影を落とす。政策遂行には各情報機関がもたらす正確な情報が不可欠だ。トランプ氏が情報機関と協力関係が築けなければ、その前提が揺らぎかねない。

 その兆しはすでに表れている。ブレナン氏は「(情報操作などの)ロシアの行為に目をつむることには極めて慎重を期さなければいけない」とロシアへの接近に警鐘を鳴らす。政権移行に伴ってまもなく退任するブレナン氏だけではない。トランプ氏が指名し、新政権で次期CIA長官を務めるマイク・ポンペオ下院議員もサイバー攻撃は「ロシア指導層による攻撃的行為だ」として強硬な姿勢を示している。

 もともと米情報機関は冷戦時代の名残からロシアへの警戒感が強い。とはいえ、こうした一連の「警告」はオバマ政権の方針を転換してロシアと協力関係を築こうとしているトランプ氏にとっては足かせになる。

 トランプ氏には情報機関の情報をそのまま受け入れにくい事情もある。ロシアが大統領選を狙ってサイバー攻撃を仕掛けたとするCIAの分析に対し、トランプ氏は「ばかげている」と反論してきた。「トランプ氏を勝たせようとした」というシナリオにも異議を唱え続けている。自身の大統領選出の正統性が揺らぎかねないためだ。

 米メディアによると、ロシアが握っている「疑惑」とは、ロシアが5年以上にわたりトランプ氏を支援するため複数のトランプ陣営幹部と接触を続けてきたほか、トランプ氏がロシアを訪ねた際に女性とのいかがわしい行為を隠し撮りされた、などというものだ。真偽は不明で、ロシア側も否定する。

 情報機関が6日、トランプ氏にロシアのサイバー攻撃に関する報告書を手渡したとき、疑惑の内容を記したメモの存在を伝えた。このためトランプ氏は情報機関が漏洩の犯人との説を唱えるが、メモ自体は以前から一部メディアに出回っており、情報機関の報告とは無関係との見方がある。



こころの健康学 後輩への接し方 「自ら考える」余地残す 2016/04/10 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の日曜に考える面にある「こころの健康学 後輩への接し方 「自ら考える」余地残す」です。





 前回紹介した大学体育会空手部での先輩の指導は厳しかった。そうした中で、すでに卒業して社会人になった先輩たちから「何でも簡単に、はい、はい、と言うな」と言われたのがいまでも記憶に残っている。

 体育会は一般に上下関係が厳しいことで知られる。卒業生の前に立つと、現役の学生は反論などとうていできないという気持ちになってしまう。だから、卒業生の指導がわかってもわからなくても、とにかく「はい」と元気よく答えるようになってくる。

 人間関係のパターンに、私が「力の関係」と呼んでいるものがある。強い立場の人の前に立つと、相対する人の態度が弱くなるという人間関係の特徴だ。

 上級生と下級生や、卒業生と現役生のように明らかに立場が違う人間関係では、弱い後輩や現役生は自分の意見を言いにくくなる。

 そうすると先輩の教え方が一方的になってくるし、後輩は受け身になって指導されるだけになりやすい。それでは教わったことが身につかないし、後輩が自分で考えたり工夫したりすることもできなくなる。

 「何でも簡単に、はい、はい、と言うな」という言葉は、一方的に受け身になったり弱い立場になったりしないで、自分が主体的に考え、工夫をするようにという後輩への教えだったのだと、いまさらながらに思う。

 新年度には、学校でも会社でも新人が入ってくる。先輩は、新人が自分で考え成長していける環境を作るために「力の関係」を意識しながら新人に接していってほしい。

(認知行動療法研修開発センター 大野裕)