Disruption 断絶を超えて(2) 「協争」の時代が来た 昨日の敵 は今日の友 2017/1/3 本日の日本経済新聞より

今日の日経注目記事は、日本経済新聞の第一面にある「Disruption 断絶を超えて(2) 「協争」の時代が来た 昨日の敵は今日の友」です。





ライバルメーカーの商品も一緒に並ぶ(北海道北広島市の味の素物流の倉庫)

 「どうしてくれるんだ」。取引先の怒鳴り声が耳に痛い。ハウス食品物流子会社の担当者はうなだれるしかなかった。

 アベノミクス景気が盛り上がった2014年3月。トラックの運転手が確保できず、約束の期日に配達できない食品メーカーが相次いだ。

 動かない物流網に震え上がったのはハウスだけではない。「将来、商品を運べなくなってしまう」とカゴメの寺田直行社長。売る商品もお客さんもいるのに売り上げが減る。そんな悪夢に食品各社はうなされた。

■人手不足で再編

 バブル崩壊後、企業再編は余剰人員の削減が主な目的だった。ところが、1995年の8726万人をピークに生産年齢(15~64歳)人口は1千万人以上減った。10年後には働き手が7千万人を割り込む。急ピッチで進む労働力供給の減少という断絶が、新たな再編を呼び起こす。

 ハウスなど食品メーカーの挫折から3年弱。昨年暮れに北海道を訪れると、混乱は消えていた。ハウスやカゴメ、味の素の3社を軸に大手が配送で手を組んだからだ。味の素が管理する倉庫に商品を集め、配達する。

 北海道での配送件数は2割弱減り、その分の人手も減った。販売の最前線でしのぎを削っても、助け合えるところは手を組む。そんな戦略に転換した。2年後には3社が物流子会社を統合する。

 協力しながら競争する「協争」の動きは、需要急減という断絶にも呼応する。2020年には人口に加えて国内の世帯数も減少に転じる。もう「一家に一台」という発想ではモノが売れない。

■「断られたら…」

 「一緒にやりませんか」。昨年1月、ヤマハ発動機の渡部克明取締役はホンダの青山真二取締役にささやいた。

 ホンダに50ccスクーターの開発と生産を委ねたい。簡単に切り出せる話ではなかった。ホンダとヤマハ発は1980年代に「HY戦争」と呼ばれる乱売合戦を繰り広げ、ヤマハ発は経営危機に陥ったこともあるからだ。

 渡部氏自身、競争真っただ中の82年4月に入社し、2カ月後に5%の減俸になった。しかし、そんな因縁にはもうこだわっていられない。

 「断られたら最悪、撤退もあるかもしれない」。HY戦争当時から50ccスクーターの国内需要は9割減。蒸発するかのような需要減に腹をくくった。両社は2018年から協業を始める。

 再編は消費者利益を損ねる寡占の恐れをはらむ。長崎県で首位の十八銀行が、2位の親和銀行を抱えるふくおかフィナンシャルグループ(FG)と経営統合する計画。昨夏に最終契約を結ぶ予定だったが、公正取引委員会の「待った」で中ぶらりんのまま越年した。

 それでも、ふくおかFGの柴戸隆成社長は「統合を取り下げる考えはない」。地域が衰退する中での過当競争は共倒れを招く。従来型の競争を求める公取との攻防は続く。

 人口減による「協争」は企業が生き残るための入り口にすぎない。手を組んだ後の成長こそ、断絶に勝つ原動力だ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です